スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

糖尿病は生活習慣の見直しで予防できる

 糖尿病は生活習慣の見直しで予防できる

糖尿病といっても、いくつかのタイプがあります。
発症した原因別に、「1型糖尿病」、「2型糖尿病」、「特定の原因によるその他の型」、「妊娠糖尿病」、という4種類あります。

一般に糖尿病という場合は、このうち2型糖尿病のことです。糖尿病になりやすい遺伝的な体質があるうえに不適切な生活習慣が加わり、多くは中高年になってから発症するもので、日本人の糖尿病患者の95%はこのタイプといわれます。

糖尿病を予防するには、まず、誘因となる生活習慣を振り返ってみることが大切です。

糖尿病を招きやすい生活習慣とは、

・ 食事のリズムが不規則で、そのうえ一度にたくさん食べることがたびたびある
・ 夜遅く食べ、すぐに寝てしまうことがよくある
・ 人より食べるスピードが速く、長くても15分とかからない
・ 脂っこい料理が好きで、反対に野菜はあまり食べない
・ 簡単に食べられるラーメンや丼物が好き
・ 甘い清涼飲料を1日に2回以上飲む
・ アルコールが好きで、週に5日以上飲む
・ 車での移動が多く、歩くのは1日に2000歩以下である

これらに当てはまる生活をしていたら、糖尿病になる危険があるので注意しましょう。

JUGEMテーマ:糖尿病
| 糖尿病は生活習慣の見直しで予防できる | 糖尿病 |
| comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

生活習慣病の原因は?

生活習慣病の原因は?
 
生活習慣病の原因は、食生活の乱れ、喫煙、過度の飲酒、運動不足、ストレスなどとされています。したがって、自分が生活している中で行っていることが、そのまま病気の原因となってしまう可能性があるのです。

生活習慣病は内臓脂肪の蓄積によって起こります。その原因が、つまり、生活習慣病の原因である、食生活の乱れや喫煙、過度の飲酒、運動不足、ストレスなどから来るのです。これらの原因を年と共に積み重ね、それらが内臓脂肪を増やすことになり、やがては病気を発症させてしまうのです。

また、この内臓脂肪の蓄積は、特定の病気1つを引き起こす訳ではありません。高血圧は肥満から来ている場合があります。また、その高血圧が、がんを発症させたり、心疾患や脳卒中を引き起こすこともあります。つまり、これらの原因が内臓脂肪を蓄積することで、2つ、3つと、病気を引き起こすことになるのです。

食生活の乱れ、喫煙、過度の飲酒、運動不足、ストレスといったものは、こういった病気の原因に留まりません。他の病気を発症させる可能性もあります。また、改善したからといって、すぐに治るものでもありません。今まで蓄積されていた分、取り除くのも時間が掛かるのです。諦めず、常に心掛けて、時間を掛けて改善していくことで、これらの病気からも、他の病気からも、自分の体を守ることができるのです。

JUGEMテーマ:生活習慣病
 
| 生活習慣病の原因は? | 生活習慣病について |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/2PAGES | >>